お墓の永代使用料の相場はどのくらい?

お墓の永代使用料の相場はどのくらい?

永代使用料は墓石の代金と並んで、お墓を建立する際の主要な費用です。ここでは、永代使用料の相場と、相場に影響を与える要因についてまとめました。

お墓の永代使用料とは

永代使用料は、墓地の区画を「永代にわたって使用する権利」を取得するための費用です。あくまでも「区画を使う(=借りる)権利」に対する費用であり、土地そのものの代金ではありません。

「永代」というのは「そのお墓を使う子孫がいる限り、いつまでもずっと」という意味の言葉です。

つまり永代使用料とは、

「子孫の分まで一括で支払う、墓地の区画の賃貸料」

といった性質の費用であると言えるでしょう。このため、お墓を使う人がいなくなってしまった場合には、その権利はなくなり、区画も返還することになります。

永代使用料の相場

お墓の永代使用料の相場は、全国平均でおよそ75万円~80万円程度。

また、もっとも多く購入されている価格帯は60万円前後のようですが、永代使用料は様々な要因によって、かなり価格に幅があるのが現状となっています。

相場に影響を与えるものとしては、次のような要因が挙げられます。

地価

アパート・マンション等の賃貸料と同様に、永代使用料も地価の影響を反映するため、地域によって価格の相場に大きな開きがあります。

都道府県別でみると、やはり東京都がもっとも高く、平均価格は100万円~150万円程度。とりわけ都心部は群を抜いており、例えば青山霊園の場合、一般区画の永代使用料は実に400万円以上にも上ります。

またその他の主要都市でも、永代使用料の相場はおおむね全国平均を上回る水準となっています。

立地条件

墓地の立地条件も、お墓の永代使用料に影響を与える要因のひとつ。

「由緒ある寺院の中にある」「駅が近く交通の便がよい」などといった、好条件の墓地の場合は、やはり永代使用料が高くなる傾向にあります。

お墓の形態

近年多様化しているお墓の形態によっても、価格が大きく変わってくる永代使用料。墓石を建てて特定の家族が単独で使用する、いわゆる昔ながらの形態のお墓は、もっとも永代使用料が高くなります。

これに対し、不特定多数のお骨を一緒に納める「合葬・合祀タイプ」や、樹木葬に代表される「自然葬タイプ」、建物内部のロッカーに納骨する「納骨堂タイプ」などといった、新しい形態のお墓の場合、永代使用料は低めの相場となっています。

様々な要因をしっかり考慮して

お墓の永代使用料は、その性質上、一度支払ってしまうと戻ってこない費用です。決して安い買い物ではありませんので、今回ご案内したような様々な要因を充分に考慮した上で、納得のいくお墓づくりを進めていただければと思います。

メモリアルサービスでは、永代使用料をはじめお墓に関するあらゆるご質問・ご相談を、随時承っております。経験豊かなスタッフが真心を込めて、あなたのお墓づくりをお手伝いいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る