樹木葬(東京・横浜)

樹木葬とは

霊園(墓地として許可を得た場所)の遺骨の周辺にある樹木を墓標として故人を弔う方法です。霊園により、遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を1本植えるケースや、墓地の中央にシンボルとなる樹木を植え、その周辺の区画に遺骨を埋葬するケースなど様々な方法があります。

樹木葬の形式は大きく分けて2つの方法があります。郊外の山林を利用し、ひとり一本の樹木で弔う「里山型」と、都市部のアクセスの良い場所を利用する「都市型」の2つです。

「シンボルツリー」と言われる木の周りに、遺骨を埋葬するのが基本的な樹木葬の形式です。この場合、お名前を刻んだプレートを使い石碑などのシンボルの近くに添えるなどして弔われるケースがあります。

樹木葬により、これまでのお墓ではできなかった「自然へと還る」ことを体現できるのが大きな特徴です。

大切な故人をご遺族の大切な思いとともに、自然の中に「還したい」とお考えの方は、ぜひ樹木葬をご検討ください。

永代供養墓をお申し込みいただける霊園一覧

町田市・相模原市メモリアルパーククラウド御殿山

ペットと一緒に入る樹木葬 2013年4月販売開始。
樹木葬墓地「オリーブの丘」2012年12月販売開始。

個別の永代管理墓やペットと一緒に入れるお墓、四季折々の花々が楽しめるガーデニング墓地、ゆとりタイプの墓所など、どなた様にもご満足いただける霊園です。

横浜市メモリアルパーク南横浜

平成14年開園。横浜では初となる西欧風ガーデニング霊園です。
墓前の参道には花壇が設けられていますので、お好みの花を植えることができ、四季折々の花を楽しむことができます。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

関連コンテンツ

TOPへ戻る