無宗教でも永代供養は可能でしょうか?

無宗教でも永代供養は可能でしょうか?

永代供養は無宗教でも申し込むことができるのか、気になる方も多いのではないでしょうか?今回は永代供養は無宗教の方でも利用できるのか、詳しく説明させていただきます。

永代供養は無宗教でも利用できるの?

少子化や継承者がいないという方が増えた近年では、永代供養のニーズが高まっています。永代供養墓を管理する寺院や霊園の多くは、宗教や宗派を問わず募集を行っているため、無宗教の方でも永代供養を利用するのは問題ありません。

無宗教の場合、永代供養ではどのような供養がされるの?

永代供養墓は、宗教や宗派は不問となっている場合がほとんどですが、供養は管理する寺院や霊園の宗教による形式で行われます。

たとえば、日蓮宗の寺院が管理する永代供養墓でしたら、日蓮宗の方も、神道の方も、もちろん無宗教の方でも変わらずに、手厚く供養されることになります。

自分の宗教や宗派・宗旨にこだわりがある場合は、管理する寺院や霊園を事前によく確認しておきましょう。

遺骨は無宗教の場合どうなるの?

遺骨を管理する寺院や霊園にもよりますが、30年~50年供養された後は、他の方の遺骨と合祀されることになりますので、合祀された後も、他の方と一緒に手厚く供養されます。

無宗教でも気軽に利用できる永代供養は?

永代供養の中には、檀家しか利用できず、生前に宗派を帰依して檀家になることを条件とするものも。しかし、さきほど言った通り、無宗教の方や、他宗教の方でも門戸を開き、宗教色の薄い永代供養を行っている寺院や霊園も多くあります。

公営霊園

公営霊園にある合葬墓は、合祀墓や永代供養墓のような表現を使っていませんが、宗教色が薄く、実際は永代供養墓と同じと考えてよいでしょう。

このような合葬墓は、横浜市営日野公園墓地が1993年に開設されたのをきっかけに、東京都立小平霊園、さいたま市思い出の里市営霊園にも設けられました。

東京都立小平霊園では、毎年1回、都民の日に献花式が行われています。

樹木葬

樹木の下に遺骨を納める樹木葬は、無宗教の方でも気軽にご利用できる永代供養です。遺骨が自然に還り、樹木が墓石や位牌の代わりになると、宗教を問わず注目されています。

最近では、横浜市営墓地「メモリアルグリーン」や都立小平霊園の樹林墓地、樹木墓地など、公営霊園でも樹木葬は取り入れられ、話題になりました。樹木の下に合葬する樹木葬は宗教色も薄く、宗教で悩むことなく利用できるのが良い点です。

永代供養に関するご相談ならメモリアルサービスへ

アメリカの調査機関「ピュー・リサーチ・センター」の2012年に行った調査によれば、日本人の過半数を超える57%は無宗教だと言います。現在、永代供養墓を管理する多くの寺院や霊園は、宗派を問わず申し込みを受け付けています。

メモリアルサービスでは、永代供養に関するご相談も承っているので、永代供養についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る