霊園の管理費はどのくらいかかるのか?

霊園の管理費はどのくらいかかるのか?(1)

霊園の管理費はどのくらいかかるのか?

霊園の権利を取得したら管理費を納めなくてはなりません。霊園は「民営霊園」「公営霊園」「寺院墓地」の3種類に分類されますが、管理費はそれぞれの種類によって異なります。 管理費以外の費用も含め、お墓を維持するために必要な費用の相場についてご説明します。

霊園の管理費とは?

霊園の管理費とは、ご自分のお墓や区画の管理にかかる費用ではなく、霊園全体を維持・管理するための負担金といった意味合いの費用のこと。霊園内の参道や管理棟をはじめとする共用施設・設備の清掃やメンテナンス、参拝者がお墓を洗うための水道料などといった目的に使用されます。

管理費は、永代使用権(霊園の区画使用権)の取得と同時に支払い義務が発生するので、まだお墓が建っていない更地の状態でも毎年納める必要があります。

管理費の相場

3種類の霊園における管理費やその他の費用の相場は、次のようになっています。

民営霊園の管理費

企業によって運営されている民営霊園の場合は、お墓の維持管理に必要な費用は霊園の管理費のみで、その相場は年間で5,000円~15,000円程度。 公営の霊園と比較すると全体的に高めですが、納骨の法要や会食などの際には、管理事務所にすべての手配を委託できるというメリットから民営の霊園を選ばれる方も多いようです。

公営霊園の管理費

公営霊園は、都道府県や市町村などの自治体が運営する霊園です。 民営霊園と同様に、お墓の維持管理に必要な費用は管理費だけです。年間の管理費は平均でおよそ4,000円~10,000円程度と、3種類の中でもっとも低いのですが、その分、法要等における業者の手配などは、すべて自分でする必要があります。

寺院墓地の管理費

寺院墓地の管理費は「護持会費」という名目になっていることもありますが、費用の目的は基本的に同じです。金額の相場は個々の寺院によって差がありますが、10,000円前後のことが多いようです。ただ寺院墓地の場合は、護持会費の他に、年間1~2回程度の行事参加のための費用が発生します。

これも寺院によって金額はさまざまですが、1回あたり10,000円~30,000円程度となっています。つまり寺院墓地におけるお墓の維持費は、この行事参加費と護持会費を合わせて年間でおよそ20,000円~40,000円ということになります。

3種類の中ではもっとも高いのですが、法要などの仏事をすべて寺院で執り行っていただけるという安心感が最大のメリットと言えるでしょう。

お墓を引き継ぐことも考慮して

霊園の管理費は、お墓を次の世代に引き継いだ後も、その霊園の使用を続ける限り、いつまでも毎年納め続けていかなくてはならないものです。 霊園を選ぶときは、管理の手間と比較しながら、将来的にも負担にならず無理なく管理費を納めていけるかどうかということも、しっかり検討することが大切です。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る