お墓の予算の立て方について

お墓の予算の立て方について

お墓を建てたいと思ったとき、まず考えなくてはならないのが予算です。いざ購入しようという段階になって、「資金が足りなかった!」などということにならないためにも、お墓の予算の立て方について知っておきましょう。

お墓の予算に含まれるもの

お墓の予算を立てるとき、もっとも重要なのは「何が必要なのか?」をしっかり調べて、もれなく予算に含めることです。

ここでは、基本的な墓石を建てるタイプのお墓について、予算に含まれる項目と、その相場についてご案内します。

墓石の費用

お墓の予算のうちで、通常もっとも大きな額を占めるのが墓石の費用で、およそ100万円~150万円程度が相場となっています。このなかには、次のような項目の代金が含まれます。

  • 墓石本体:石の材質やサイズ、デザインなどによって変動します。
  • カロート:内部にお骨を納める部分。納骨棺ともいわれます。
  • 外柵:お墓の区画の境界に設置する柵。
  • 工事代:区画の基礎工事、墓石の設置工事など。土壌の状態などで高額になる場合も。

>>>墓石の選び方についてはこちらをチェック

永代使用料

永代使用料は、墓地の区画の使用料にあたる費用です。

区画の賃借料と考えてもいいのですが、アパートの家賃などと違って、はじめに一度支払えば、あとはお墓を継ぐ子孫が続くかぎり、その区画を永続的に使用することができます。

永代使用料の相場は、全国平均で70万円~80万円程度。ただ地価の影響を受けるため、都市部など地域によっては非常に高額になることもありますので、注意が必要です。

お墓の維持費

お墓を建てたあとにも、お墓を維持していく上では、次のような費用も予算に組み込んでおくべきでしょう。

なお、これらはお墓を建てる方ご本人だけではなく、子供や孫など後の世代もずっと負担していかなくてはならない費用ですので、先々のことも考慮して予算を立てることが大切です。

  • 年間管理費:墓地の運営者に納める、共益費のような意味合いの費用。数千円~3万円程度。
  • メンテナンス費用:個別のお墓の清掃、修理などのための費用。

希望のイメージを明確にする

お墓の予算は、どのようなお墓を希望するかによっても変わってきます。そこで、予算を立てる際には、ご自身やご家族の「希望するお墓のイメージ」を、明確にしておくことも重要です。

具体的には、次のような項目などについて検討されるとよいでしょう。

  • お墓の外観(材質、和or洋などのタイプ、デザイン、大きさなど)
  • お墓の場所(墓地へのアクセス、墓地内の景観、周囲の環境など)
  • 維持・管理のしやすさ

無理のない予算をたてる

希望通りのお墓のための予算を立ててみたら、思っていた以上に高額になってしまったということもあるかもしれません。しかしそうした場合でも、一つ一つ丁寧に予算を見直していくことによって、実現可能となる場合も多いものです。

メモリアルサービスでは、お一人お一人のご希望に合わせて、様々なご提案をさせていただきます。ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る