永代供養権と永代使用権の違いについて

永代供養権と永代使用権の違いについて

お墓のことを考えるときに出てくる、永代供養権と永代使用権という言葉。この二つ、似ているようで大きな違いがあります。永代供養権と永代使用権の違いについてまとめました。

永代供養権と永代使用権の違い

この似たような二つの言葉、まずはその違いを把握しましょう。

永代供養権

永代供養は、「お墓を見守る人や法要を行う人がいなくても、代わりにお寺などが永代にわたって供養と管理を行ってくれること」をいいます。

子どもがいないなど、末代に渡って祀ってくれる人がいない場合に永代供養権を使うことが多いようです。永代といっても、実際には期限が決まっている場合が多いので、その期間は確認しておきましょう。

永代使用権

こちらは、お墓を使う権利を取得し、その管理費を払っている間はお墓を使い続けることができます。管理費は、お墓があるお寺や墓地の管理者に支払うことになります。

管理料が支払えなくなると、墓地が使用できなくなる点には注意しましょう。また、基本的には供養や法要、墓石の管理は自分たちで行うことになります。

供養形態から見る永代供養権

自分の場合は永代供養権がよいのか、永代使用権がよいのか。これを考える場合、お墓の形態をどのように考えているのかによって選択肢が変わります。

ケース1:墓地は購入するか借りるのか

お墓を立てるための土地、すなわち墓地を購入するのか、それとも借りるのかで違ってきます。墓地を購入するとなると、土地を購入することになるので固定資産税がかかってきますが、購入してしまえば、ずっとその土地はあなたの一族のものです。

この場合、お墓を見守る人が何らかの事情によっていなくなる場合は、永代供養権を使うことになるでしょう。購入する資金がない場合や公営やお寺の敷地にある墓地に埋葬する場合は、墓地を借りる形になり、永代使用権を使うことになります。

ケース2:納骨堂の場合

お墓を持たずに、お寺などの納骨堂に遺骨を納める場合もあります。

これは、広い意味で公共の墓地を使うということになるので、永代使用権となるのですが、多くの納骨堂の場合は供養も一緒に行ってくれるため、永代供養権付きの使用料を支払う、という形になるでしょう。お墓を持った場合は、上記のパターン1の通り、所有するのか借りるのかで異なってきます。

両方の利点を持った方法

ここ最近注目を集めている方法に、永代供養権と永代使用権の利点を兼ね備えた「永代供養墓」があり、上記の納骨堂がこの一つにあたります。

永代使用権を支払いながら、永代供養を行ってもらうというこの方法だと、個人で墓石を持たずにすむため、費用も抑えることが可能です。また、法要についても合同で行ってもらえるため、この先供養してくれる人がいなくなるという不安を抱える人には向いているでしょう。

悩んだときは専門家に相談を

自分の場合は永代供養権と永代使用権、どちらを使ったほうがよいのか。簡単には解決できない場合もあるでしょう。こういった法要については、専門家に相談することをおすすめします。

メモリアルサービスでは永代供養権についてのご相談も承っています。あなたの今後のライフスタイルに合わせた、最適な方法を一緒に考えていきましょう。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る