改葬にかかる費用はどのくらい?

墓7

お墓の場所を変更すること、つまりお墓の引っ越しを「改葬」と言います。昨今、遠方にあるお墓を、現在の住まいの近くへと改葬したいと希望される方が多くなっていますが、気になるのはやはり費用でしょう。

ここでは、そんな改葬にかかる費用についてご案内していきます。

改葬とは?

改葬とは、お墓を今ある場所から別の場所へと引っ越しさせることです。

「遠方にある実家のお墓の世話をする人がいなくなった」「お墓が遠くてなかなかお墓参りに行けない」などといった理由から、現在の住まいの近くへの改葬を希望される方が年々増加しています。

改葬にかかる費用

改葬には、引っ越し先となる新しいお墓が必要です。お墓を建立するための費用は、およそ200万円程度が相場となっています。このほか改葬に際しては、さらに50万円~100万円程度の費用がかかると言われており、その内訳は次のようになっています。

遺骨を取り出す費用

もとのお墓からご遺骨を取り出すための費用で、石材店へ支払います。地域によって金額に差がありますが、遺骨1体につき3万円~5万円程度が相場のようです。

お墓の解体、処分費用

もとのお墓があった区画は、石材店に依頼し更地にしてから墓地・霊園に返還する必要があります。古いお墓の解体作業代、区画の整備費用、産業廃棄物処分代(墓石は産業廃棄物となります)をあわせて、1㎡あたりおよそ10万円~15万円くらいかかります。

墓石の運搬費用

古いお墓の墓石を新しいお墓でも引き続き使用する場合は、墓石の運搬を石材店に依頼します。運搬費用は、墓石の大きさにもよりますが、だいたい100km移動で15万円~20万円ほどが相場です。

地方から都市部へ改葬するなど、移動距離が長い場合には、新しくお墓を建てるよりも高額になることも。

納骨のための費用

改葬先の新しいお墓へご遺骨を納めるための費用で、こちらも石材店へ支払います。1体あたり2万円~3万円程度が相場です。

各種書類の発行手数料

改葬に際しては、次のような書類の発行手数料が必要です。

  • 【受入証明書】新墓地の管理者に発行してもらう。400~1500円/1通程度。
  • 【埋葬証明書】旧墓地の管理者に発行してもらう。400~1500円/1通程度。
  • 【改葬許可証】旧墓地の自治体で発行してもらう。1体あたり200~500円程度。

その他にも様々な費用が必要

上記の他にも閉眼供養(お墓の魂を抜くこと)や開眼供養(お墓に魂を入れること)などといった、儀式のための費用や、親族での会食の費用、さらにはもとのお墓が寺院墓地にある場合は、離檀料(お布施として3万円~10万円程度)などが必要となることもあります。

地域の習慣などによっても費用は変わってきますので、事前に必要な項目をよく検討しておくことが大切です。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る