お墓のリフォームについて

お墓のリフォームについて

どんなに立派なお墓でも経年による劣化は防げませんが、早めにリフォームしておけば最小限の費用できれいに維持することができます。目地の割れや墓石の欠け、ヒビ割れなどの症状が出たら、リフォームが必要なサインです。

お墓のリフォームとは?

ひとくちにリフォームといっても、全部を替えるのか、研磨するのか、一部を替えるのか、など。もちろん墓石の状態によって、必要な期間や費用も違ってきます。

まずはお墓の気になるところをピックアップして、石材店に相談し、見積もりを見ながら検討していきましょう。それでは実際に、相談の多いリフォーム内容とその相場をご紹介します。

よくあるリフォーム例

墓石の建てられた時期や石材の素材、経年具合によってリフォーム内容も多岐にわたります。まずは石材店へ、お墓をどのようにきれいにしたいのかを相談してから、具体的にどういうリフォームが必要なのかを決めましょう。

墓石の洗浄

いわゆるお墓のクリーニングで、表面をきれいに洗浄し、シミや汚れを落とす作業です。風化してしまった目地を補修すれば、耐震性も上がり地震による倒壊防止になります。

また、洗浄に合わせて墓石の表面にコーティングを施しておけば、長期間の防水効果が期待できるのでオススメです。費用相場は以下のとおり。

  • 墓石の洗浄…5千円~1万円ほど
  • 墓石の研磨…20~30万円ほど
  • 目地の補修…3~5万円ほど

墓石の補修作業

長い年月が経つと、外柵にひずみがでたり、墓石や石碑が傾いてしまうことも珍しくありません。そんな場合は、石碑を組みなおして傾きを修正する必要があります。

また、墓石が欠けてしまったり、ひび割れてしまった場合には、できるだけ早く補修しましょう。特に石碑周りのセメントが割れている場合は、納骨室に水が溜まってしまうことがあるので注意が必要です。

花立や花筒などの付属品の取替え

装飾品や付属品を新しくするだけでも、お墓の雰囲気は変わるものです。最近では、古い花立の台座を残したまま、新しい花立を取り付けられるタイプもあります。

石材店へ仕様を確認して、通販やネットなどで購入できれば、お墓参りの際に自分で取り替えるのもよいでしょう。香炉や花立の交換費用も数千円~2万円ほどで済みます。

リフォームのタイミングについて

お墓を建てかえる場合は、既存の墓石の撤去と新しいお墓の建立などが必要になるため、200~300万円の費用がかかりますが、リフォームであれば数十万円できれいな状態になる可能性が高いでしょう。あまりに劣化が進んでしまうと、修繕やリフォームではまかなえなくなるので、なるべく早めのお手入れが必要です。

リフォームの際には複数社見積もりで検討比較を

できるだけ石材店とともに墓石の状態を細かくチェックして、何をどのようにしたら良いのか話し合いながらリフォーム箇所を決めて、見積もりを出してもらいましょう。複数社に見積もりを出してもらって比較検討すると、さらに明確になります。

メモリアルサービスでは、墓石の選び方の相談なども承っています。細かな補修やコーティングから、大規模なリフォームまで、墓石のプロにご相談いただければ無料で現地調査の上、予算に合わせた最適なリフォーム方法をご提案します。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る