樹木葬は好きな場所に埋葬できるのか?

樹木葬は好きな場所に埋葬できるのか?

樹木葬とは、樹木をお墓に見立てて、その場所に遺骨を埋葬して弔う方法です。故人に縁のあるところや、景色の良い所に埋葬してあげたい方も多いでしょうが、樹木葬は好きな場所に埋葬してよいのでしょうか?

樹木葬のメリット

樹木葬には以下のようなメリットがあります。

自然に還る

故人の希望で、自然に還りたいという気持ちがあれば、樹木葬はその思いにぴったりといえるでしょう。また、ご遺族の方もお墓参りとして自然を感じることができます。

好きな樹木を植えられる

樹木葬を行う霊園にもよりますが、区分けされた埋葬方法であれば、ご自分が気に入った樹木を植えることができます。中にはバラの花を植えられるところも。

埋葬費がかからない

通常のお墓を建てる場合、土地代や墓石代で200~300万円とかなりの額がかかるでしょう。樹木葬であれば、その方法にもよりますが墓石代の代わりとして樹木代だけで済みます。

宗教にこだわらない

樹木葬は宗教や宗派にこだわらずに埋葬することが可能です。こういったことに縛られたくない方にはぴったりの埋葬方法といえるでしょう。

継承者なしでも大丈夫

樹木葬では永代供養を行ってくれるところが多く、ご自分の継承者がいなくても問題ありません。最後には自然に還る形にもなりますので、安心して眠ることができます。

樹木葬で気をつけるべき点

ペットが死んだ時には、自分が好きな場所に埋めてあげることができます。しかし、人が死んだ場合にはどこにでも埋葬してよいわけではありません。

「墓地、埋葬等に関する法律」というのがあり、定められた場所にしか遺骨を埋葬することができないのです。もちろん樹木葬の場合も、定められた場所にしか埋葬することができないのでご注意下さい。

どこで埋葬できるのか

各自治体が許可した場所でなら樹木葬として埋葬することができますが、一般の墓地で行う人はほとんどいません。多くは、樹木葬を目的とした霊園で行うことになります。

樹木葬の2つの種類

樹木葬といっても、どのように行うかによって、「里山形」と「公園型」の2つに種類が分かれます。

里山型

自然と一体化した、山深い土地に埋葬する方法です。樹木葬を行う場合、そこに新たに樹林することになり、自然環境保護にも役立ちます。自然葬に近いかたちとなり、故人が自然を愛している場合に適しているでしょう。ただし、どの場所に埋葬したのかわかりにくかったり、掃除が難しいなどのデメリットもあります。

公園型

施設内に、一般の墓地のように区分けをした場所に埋葬する方法と、一つの大きな木のもとに埋葬する方法があります。どちらの樹木葬を選ぶのかは、管理を行うところによりますので、しっかりと調査を行って下さい。公園型は普通のお墓参りとして供養できるというメリットがあります。

樹木葬も考えてみませんか

このようにメリットも多く、気に入った場所であれば樹木葬も埋葬方法の一つとして考えるのもよいでしょう。残念ながらどこでも行えるというものではありませんが、専門家に相談すれば、きっとあなたの希望に合った場所が見つかります。

メモリアルサービスでは、樹木葬に対応している霊園についても情報を多数扱っています。樹木葬に対してのさまざまな情報やご希望に合った方法をご紹介しますので、お気軽にご連絡ください。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る