法事について教えてください。

回答

仏式の法事は神道式では霊祭、キリスト教式では記念集会・追悼ミサといいます。

仏式(法事) 神式(霊祭)
初七日 近親者と親しい人だけで供養する。祭壇の飾りを簡素にする。 十日祭 帰家祭と十日祭を一緒にするところもある。仏式の初七日と同じ。
二七日、三七日、四七日、五七日 遺族だけで供養する。 二十日祭、三十日祭、四十日祭 三十日祭と五十日祭を兼ねる事もある。
七七日(四十九日) 忌明けとなる。僧侶を招いて法要をする。祭壇片付ける。法要の跡振る舞いをし、お返しをする。 五十日祭 忌明けとなる。仏式の四十九日と同じ。
新盆 精霊棚を飾り供養する。 彼岸 新盆は行わず、春秋彼岸の中日に祖先を祭る。
百カ日、一周忌 丁寧な供養をし、振る舞いをする。 百日祭 霊祭は故人の霊位と写真を祭り榊・供え物をして神官を招く。
三回忌 ここまでは、半喪服。亡くなった翌々年。 三年祭
七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌 三十三回忌を年忌止めとするところが多い。 五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、五十年祭、百年祭
キリスト教(記念集会・追悼ミサ)

プロテスタント
死後7日目・10日目または1ヶ月目の召天記念日に自宅か教会または墓前で記念集会を行う。自宅で行う場合は祭壇を作り故人の写真を中央におき生花で飾る。牧師・親類・友人などを招き牧師の司祭で礼拝を行う。これ以降は決まった儀式はないが、1年目・3年目・5年目などの召天記念日には追悼の記念集会を行って故人を偲ぶ。

カトリック
死亡した日から3日目・7日目・30日目・1年目などに神父に依頼して教会聖堂で親類・知人が集まり追悼ミサを行う。そのほか決まりはないが毎年、命日に追悼ミサを行う。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る