墓石の開眼供養(魂入れ)って何のことですか?

回答

開眼供養は「魂入れ」「入魂式」とも呼ばれ、「墓」としての意味を持たせる大切な法要です。仏式では墓石を建立されたら、その墓所にご遺骨が埋葬されているいないに関わりなく、必ずご住職に開眼供養の読経をお願いすることになります。開眼法要には、僧侶に依頼して読経をあげてもらう必要があります。読経とはお布施を支払うことで、お経を読み上げてもらい、お墓に魂を入れ込んでもらうことです。その他、納骨代、仏具のレンタル代、お花、供物代、法要後のお斎(おとき=会食)の料金、お供え物等、様々な費用が必要です。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る