墓じまいにかかる費用はどのくらいなのか?

墓じまい 費用

少子高齢化社会が進むにつれ、お墓の管理は大きな社会問題となっています。なかには「墓じまい」を選択する方も。年々ニーズの高まる墓じまいですが、実際に行う際にはどのような費用がかかるのでしょうか?


墓じまいとは?

「墓じまい」はその言葉から想像できる通り、お墓を解体・撤去することです。改葬の際にも行われるものですが、最終的な着地点などに違いがあります。墓じまいを考える人には以下のようなケースが当てはまります。

  • 子どもが地元を離れてしまい、お墓の将来が心配
  • 娘しかいないのでお墓を継いでくれる人がいない
  • 墓の管理が難しい

墓じまいをするメリット

お墓の解体・撤去というとネガティブなイメージがつきまといますが、もちろんメリットもあります。

  • 将来的にお墓が放置されて無縁墓になることを回避できる
  • 現在住んでいる場所の近くにお墓を改葬することができる
  • お墓の管理にかかる手間やお寺・霊園に払うコストを削減できる

大別すると、墓じまいには以上3点のメリットがあります。墓じまいには、後継者がいなくなり先祖代々のお墓を無縁墓にするよりも、いまを生きるご家族で一区切りをつけ、将来の子孫の負担を軽減させるというポジティブな意味合いも含まれています。

墓じまいが増える背景

戦後、人口の都市部への集中や、少子化などの影響で墓守の後継ぎが減少して、無縁墓が増えるようになりました。お墓が無縁墓化し放置されると、寺院や参拝者に迷惑がかかるため、自分の代でお墓を撤去する墓じまいを選択するケースが増加しています。

お墓は、先祖代々からの一族のつながりを確認する場所でしたが、核家族化が進み先祖への考え方も変化しています。おじいちゃんやおばあちゃんから、先祖の話を身近に聞く機会も減ってしまいました。

現在、自分の父母、祖父母、曾祖父母くらいまでの近親者が、先祖と認識する場合が多いようです。お墓参りも、先祖の祭祀のためにお参りするのではなく、亡くなった親など特定の個人に会いに来ている場合が一般的です。

しかし、墓じまいを決断するのはやはり複雑な心境であることは確か。お墓が荒れたまま放置されたり、無縁墓として撤去されるなど、後のことを考えたり、親族がいてもお墓の継承が難しい場合もあるなど、多くの人が直面する問題となっています。


墓じまいにかかる費用

墓じまいにかかる費用はどのくらいなのか?

肝心の費用に関してですが、以下のような費用がかかります。

離檀料

墓じまいを行うことで、寺院の檀家をやめることになってしまいますが、その際に必要な費用があります。それが離壇料です。一般的な相場は10~20万円とされています。お墓の大きさや、お寺との付き合い年数などによって変わりますが、1回の法要のときのお布施の額と考えてよいでしょう。

石材店への依頼料

墓じまいでもっとも労力がかかるのが墓石の撤去作業です。個人で行うことは無理ですので、墓作りを依頼した石材店や墓石撤去の専門業者に依頼しましょう。費用については、撤去作業を依頼する前に複数の業者に見積もりを出せば、だいたいの相場が割り出せるはずです。そのなかで信頼できそうな業者を選びましょう。

お墓の撤去費用は、墓地の面積や墓石の大きさなどで決まります。クレーンやトラックが入れ、スムーズに墓じまいの作業ができるお墓は、基本料金でできる場合が多いですが、人手による撤去作業の場合は、割高になるでしょう。

また、石材店は過去に多くの墓石作りや墓じまいのケースを見てきたプロでもあります。墓じまいに関して、費用の相場や手続きのアドバイスなどを求めれば、いろいろと役立つ情報を教えてくれるはずです。相談役として頼りにするのもよいかもしれません。

抜魂式に関するお布施

墓作りをする際には「入魂式」が執り行われますが、墓じまいを行う過程ではその魂を抜く「抜魂式」を執り行う必要があります。墓石から魂を抜いて、ただの石にしなければ撤去作業に入ることができないのです。

その際に、寺院に納めるお布施も必要になってきます。お布施の金額は「気持ち」ですので相場はありませんが、それまでお世話になってきた寺院への感謝の気持ちを込めて納めましょう。相場としては、2~5万円前後となります。

墓じまいの代行業者

墓じまいにかかる費用はどのくらいなのか?

墓じまいの増加にともなって、墓じまいを代行してくれる業者やサービスも増えています。墓じまいには、離檀料やお墓の撤去費用などの経費と一緒に、改葬をする場合の墓地埋葬法で定められた、諸手続きが必要。

これらの手続きや作業などの代行・サポートをしてくれる業者のことです。お墓の撤去やその後の散骨、墓じまいの諸手続きのアドバイス、行政書士によるサポートなど、さまざまなサービスが提供されています。業者に依頼する場合は、信頼できる業者を選ぶことが大切といえるでしょう。


円満な墓じまいを目指して

今回おわかりいただけたように、墓じまいには離壇料や抜魂式に関するお布施、石材業者へ払う撤去料金など、さまざまな費用がかかります。お住まいの地域や慣習にもよるので、各費用については明確な相場料金というものがありません。

とくに離壇料などは金額を決定する寺院のさじ加減によって大きく異なります。近年では、100万円を超える高額な離壇料を突きつけられて訴訟沙汰に発展するケースも起きています。

このようなことで今まで築きあげてきた檀家と寺院の信頼関係が壊れてしまっては、祖先も浮かばれません。円満な墓じまいを目指し、時間をかけてしっかり根回ししておきましょう。


事前に親族との話し合いをしっかりと

生活スタイルの多様化によって、「墓じまい」という選択をするケースも増えてきています。トラブルを避けるために手続きや費用など、一番大事なのは墓じまいを検討していることを親族にきちんと話すこと。わからないことがあれば、安心できる業者に相談することもひとつの方法です。

メモリアルサービスでは、お墓に関するご相談を承っております。墓じまいでお困りのことがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る