永代使用権・永代使用料とは?

回答

「墓地を買う」ということは、「永代使用権」つまりは末代(永代)に渡って使用する権利を購入するということです。これは寺院墓地でも公営霊園でも民営霊園でも、すべて同様です。墓所は住宅用の宅地分譲のように土地のそのものの売買ではなく、「永代使用の承諾」という方式で扱われ、その永代使用権に対して支払われる代金を永代使用料といいます。その権利は、施主(祭祀の主催者)を名義人として代々受け継ぐことができます。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る