お彼岸のいわれって?

回答

「彼岸」とは「彼の岸」のことを言い、清らかな悩みもない極楽浄土の事であり、私たちが住む煩悩により汚れた現世の事を此岸(しがん)と言います。お彼岸は春秋の年二回とされ、春分の日と秋分の日を彼岸の中日と呼び、この日を挟んで前後七日間です。彼岸の中日は、太陽が真西に沈むため、仏教では西方極楽浄土を望む日とされてきました。お彼岸は伝統ある仏教行事で、昔からご先祖様を偲び、感謝する行事とされております。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る