知っておきたい海洋葬の基礎知識

海洋葬とは知っておきたい海洋葬の基礎知識1

故人の静かな眠りを、自然の営みの中でおこなう海洋葬。生活スタイルの変化や、葬儀形態の多様化により、海洋葬をおこなう人が増えています。今回は、海洋葬の基礎知識や準備、マナーについてご紹介します。


海洋葬とは?

海洋葬は、火葬した遺骨を自然の中にまく「散骨葬」の一種です。散骨葬には山や川、空などさまざまな種類がありますが、その中でも海に散骨をする形態が海洋葬です。


生活スタイルの変化などで海洋葬が増加

日本では一般的に、火葬をしてお墓に納める形がとられてきましたが、生活スタイルの変化から、散骨葬を希望する人も増えてきました。「お墓をつくると費用がかかる」「お墓の手入れをする家族が遠方に住んでいる」など、生活スタイルの変化が理由のひとつ。

また、「お墓に入らず、大自然のなかで眠りたい」「自分の好きな海とともに過ごしたい」といった、個人の希望が反映される点も、海洋葬が増える理由と言えるでしょう。


海洋葬の準備にはなにが必要?

実際に海洋葬をおこなう場合、準備にはなにが必要なのでしょうか?具体的な内容について見ていきましょう。


遺骨の粉骨をおこなう

海洋葬をおこなう際に必要となるのが、遺骨の粉骨です。海洋葬をおこなう際には、遺骨を2ミリ以下の状態にしておく必要があります。また、専門の業者によっては遺骨をパウダー化することもあるので、あらかじめ、きちんと相談しておくようにしましょう。


献花やお酒を用意する

海洋葬をおこなう場合、遺骨といっしょにお花やお酒を海にまくことがあります。お酒は海へのお清めの意味も含まれているので、準備しておくようにしましょう。故人の思い出の品も一緒にしたい場合は、海を汚さないことが条件となります。こちらも専門業者に相談して、可能かどうか確認しておきましょう。


火葬証明書のコピーを用意しておく

海洋葬には、葬儀をおこなうための特別な書類は必要ありません。しかし、専門業者にお願いする際に、火葬証明書のコピーが必要になることがあります。火葬証明書とは、火葬をおこなう際に市役所から発行される書面。海洋葬をおこなうことが決まっているなら、証明書のコピーを用意しておくようにしましょう。


海洋葬のマナー

海洋葬は自然の中でおこなうため、マナーを守ることが大切です。なかでも大切なのは、海を汚さないということ。海洋葬は、遺骨と一緒に、花や思い出の品をまくことがあります。その際は、必ず海を汚さないよう心がけましょう。

思い出の品は、大きさや素材などを確認するようにします。あらかじめ、専門業者に確認しておくと間違いがありません。海はすべての人にとっての財産であり、故人が眠りにつく場所です。いつまでも美しい海で休めるように、海を汚さないということを忘れないでください。


海洋葬はあらかじめ準備をしておくことが大切

海洋葬には、一般的な葬儀と違う点がいくつかあります。あらかじめ準備に必要なものなどを確認し、慌てないようしておきましょう。わからないことがあれば、専門業者に相談することをおすすめします。

メモリアルサービスでは、お墓選びや、海洋葬など、故人や家族の希望を叶えるサポートをしております。大切な最後の瞬間を、私たちメモリアルサービスがお力添えいたします。


  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る