お墓の値段、相場はいくら?

お墓 値段

お墓の値段の相場はどのくらいかご存じでしょうか?

お墓を建てる際にかかる費用の総額は、全国平均で約200万円前後と言われています。その費用に含まれるのは、墓石の価格だけではありません。今回はお墓の値段を決める費用の内訳と、それぞれの相場についてご案内します。

お墓の値段の内訳

お墓の値段を決める費用の内訳としては、主に次の3つが挙げられます。

墓石代・工事費

墓石代はお墓本体の石の値段で、材質が良くサイズが大きな石ほど高価になります。さらに墓石の加工方法やデザイン、墓誌などの付属品の有無も大きく価格に影響します。これらは最終的なお墓の全体的なイメージを左右するものなので、たとえ高額になっても細部にまでこだわる方も多いようです。

また工事費は、墓石を設置するのに必要な工事のための費用です。この中には、お墓の敷地の基礎工事や外柵の敷設工事なども含まれるので、敷地の広さや整備状況によって工事費が大きく変わる場合もあります。

墓石代と工事費をあわせた費用の相場は、約140万円程度になります。

永代使用料

「お墓を建てる土地を、子孫が続く限り使用できる権利」を得るための費用で、「墓地使用料」などとも言われます。自治体が運営する公営墓地は、一般企業が運営する民間墓地や寺院墓地に比べて手頃な値段となっています。

あくまでも土地の使用権であり所有権ではないので、他人に転売したり譲渡したりすることはできません。またお墓の移転などのため使用しなくなった墓地を返還しても、この使用料は基本的には戻りません。

永代使用料の相場は、およそ60万円前後のことが多いようです。

年間管理費

上記2つの費用は購入時にのみ必要な費用ですが、年間管理費は墓地を使用し続ける限り毎年支払っていく必要があります。墓地の維持管理のための費用であり、参道や休憩所などといった施設の清掃・メンテナンス、水道利用料等に使用されます。

年間管理費は、墓地の使用権を得た時から支払う必要があるので、墓石を設置していない状態でも発生する費用です。永代使用料と同様、公営墓地は民営墓地、寺院墓地よりも比較的安価になっています。

年間5千円~1万5千円程度が相場です。

納得いくまで検討を

以上のようにお墓の値段の相場についてご案内してきましたが、実際にはお墓の値段は色々な要素によって大きく変動してくるものです。お墓は、後に不満や困り事が生じても気軽に買い直したりできるものではありません。あらゆる要素をしっかりと調べた上で、納得いくまで検討を重ねることが大切です。

お墓の購入にかかる費用などについての疑問・ご質問は、メモリアルサービスまでお気軽にお問い合せください。ご予算とご希望に合わせて、様々なご提案をさせていただきます。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る