これでわかる!無縁墓の撤去の方法

これで分かる!無縁墓の撤去の方法

継承者のいなくなったお墓「無縁墓」には、法的な撤去方法が決められています。今回は、法律を犯さないためにも無縁墓を撤去する方法について、順を追ってわかりやすくご紹介します。

無縁墓とは?

無縁墓とは、お墓を管理する継承者が長い期間いないお墓のこと。お寺などでは管理者がいない場合、撤去することを検討します。

無縁墓を無断で撤去すると法律違反

しかし、無縁墓を無断で撤去すると、法律違反にあたります。そのため、決められた手順をきちんと確認しておくことが重要です。順を追ってみていきましょう。

1.お墓の所有者・継承者を探す

まず、撤去を検討する無縁墓の所有者・継承者を探すことからはじめます。お寺などで管理している名簿などがあれば連絡をとり、今後の管理について話し合いをもちます。連絡先が分からない場合は、戸籍などから調べられる住所へ書面で連絡。この手続きは専門の資格が必要となるため、行政書士などに相談しておきましょう。

2.官報に報告する

次に、書面での連絡もとれない場合は、官報で無縁墓の撤去を報告します。官報とは国が発行する公的な新聞のようなもので、公的機関の情報などが記載されています。無縁墓の撤去をする際も、まずは官報に掲載しましょう。

3.立て札と貼り紙をする

官報への掲載とあわせて、撤去する無縁墓に立て札と貼り紙をします。無縁墓の権利者に向けて、撤去することを伝えるもので、お墓の見やすい位置に立てるようにしましょう。

写真と記録を残しておく

ここでポイントとなるのが、定期的に写真と記録を残しておくこと。設置した日から、継続して権利者への呼びかけをしていたことを証明する必要があります。写真だけでなく、書面で記録を残しておくとよいでしょう。

4.改葬許可申請を行う

官報への掲載と立て札・貼り紙の設置から一年たっても、権利者から何の連絡もなかった場合、はじめて無縁墓を撤去する申請を行えます。申請には、「改葬許可申請書」が必要となり、市区町村の役所へ提出します。次の書類が必要となるので揃えておきましょう。

許可申請に必要な書類

  • 墓地管理者の証明書。
  • 無縁墓の写真およびお墓の位置図。
  • 権利者からの連絡がなかったことを記載した書類。
  • 官報のコピーおよび立て札の写真。
  • その他市区町村が指定した書類。

あわせて継続して立て札を設置していたか確認を求められることがあるので、定期的に撮っておいた写真と記録もまとめておきましょう。

5.改葬許可をもらい撤去する

すべての手続きが完了し、改葬許可をもらうと、無縁墓の撤去を行えます。お寺や石材店などと相談して、日程などを調整しましょう。

無縁墓の撤去は手順を守ることが大切

無縁墓の撤去には、法的に定められた手順があります。時間と手間がかかるため面倒に感じてしまいますが、きちんと手順を守って作業を進めることが大切です。

メモリアルサービスでは、無縁墓の撤去など「墓じまい」に関する相談を行っております。手順や必要な書類など、墓じまいに関することでお悩みの際は、ぜひ一度私たちにご相談ください。

  • FaceBook
  • twitter
  • google plus
  • Pocket
  • Line

TOPへ戻る